Naru’s Photo

お部屋に写真を飾りませんか?
フレスコ画と同じ手法で作った、写真プリントの名は「フレスコジクレー」です。
全て、私 成宮真一(なるみや しんいち)が撮影した作品です。
美しい写真で、貴方のお部屋の雰囲気を更にアップいたします!

プロフィール

成宮 真一 Shin-ichi Narumiya

さいたま市在住の写真屋です。早くからフレスコ画と同じ技法のデジタルプリント「フレスコジクレー」に、注目して取り組んでいます。変退色性に極めて強い、深みのある色調と立体感のあるトーンは、新時代の写真芸術と確信しております。この度、永年撮り溜めた海外での作品を中心に、フォトインテリアとして販売させていただきます。 
1956年 旧浦和市生まれ、A型 天秤座 フォトマスター エキスパート(総合)資格保持者 彩麗会・トニーフォトクラブ主宰、フォトサミット21講師、カメラ診断士、アナログレコード検定2級、ジャズ部門1位 2014年8月東京オリンパスギャラリーで開催の写真家 内藤忠行氏の個展「EMARGE」でのカラー作品のフレスコジクレープリントの制作を担当いたしました。趣味はオーディオとレコード鑑賞、愛車は95年式ユーノスロードスター
現在、(株)トニーなるみや 専務取締役


PA290018.jpg

Naru’s Photoについて

IMG_0361.jpgIMG_0361.jpgフランス ペルージュ村

 作品は、全て「フレスコジクレー」で仕上げさせていただきます。「FRESCO」は、「新鮮な」を意味するイタリア語。ミケランジェロやラファエロなど、14~16世紀にイタリアで花開いたルネッサンスの芸術家が用いた「漆喰」をベースにした絵画技法です。製造元のトクヤマさんは、この「漆喰」に新しい技術(1.漆喰のシート化技術2.顔料系インクジェット技術)「を吹き込む事で、世界で初めてデジタル画像から「FRESCO」を作り出す事に成功しました。フレスコジクレーと一般的なインクジェット用紙とに同じ顔料系インクジェットプリンターで印刷した場合、フレスコジクレーの方がより優れた耐光性を発揮する事が分っています。フレスコジクレーは、普遍的な技法であるフレスコのメカニズムを使って、改めて代々受け継がれる「形ある写真作品づくり」を基本コンセプトとした現代のフレスコ画法ともいえます。

波A3ノビ.jpgオーストラリア ゴールドコースト

 作品は、私が過去に訪れた、世界の様々な街でのスナップ写真が中心です。6x6や645のフイルムからデジタル化した物や、フルサイズデジタル1眼レフ、最近の作品では、オリンパスのマイクロフォーサーズカメラで撮影した物もあります。お部屋に飾って、楽しんでいただける様、様々なジャンルの写真をご用意させていただきました。

Landscape(風景)
Portrait(人物) 
Car(車)
Image(イメージジョット) 
Monochrome(モノクローム作品) 
Window&Leaf(窓と葉)
の6種類です。
皆様からのご注文をお待ちいたしております。

写真のサイズと額装について

Alain Couillaud.jpgIn non odio

Amanda Rohde.jpgut risus molestie

Avram Golden.jpgPhasellus non nisl

Álvaro Souza.jpgIn diam nunc

Christopher O Driscoll.jpgposuere in arcu

blaneyphoto.jpgIn in leo turpis

Claes Torstensson.jpgsit amet tempor

Diane Diederich.jpgDonec vitae sapien